2回戻って

日曜日は仕事の予定だったけど、土曜日に調整がつく範囲まで仕事が進んだので、休日に。

晴れていて、気温が低い。
a0284340_14462056.jpg

まとまった雪は望めないが、町には降らない雪が、
山では降っているようなので、

a0284340_14474426.jpg
当然のように、滑っていたら、

a0284340_14481256.jpg
ゴンドラ2本目で、仕事の電話で、呼び戻される羽目に。

「仕事です。戻ってきますので、滑っていてもらっても構いません」
『戻りの時間が、16時なら外で待たなきゃならないですが』


それでも案外早く仕事が終わったので、やっぱり山に戻る事に。

でも、その間急ぎすぎて、自宅で着替えてウェアの上着を部屋に脱いだままなのに、
自宅に寄らずに、山直行。

「ウェアの上着が、自宅で脱ぎ捨ててきたままでした」
『流石に、上着なしではキツイので、終了ですかね。帰りますか』
「あっ、仕事のジャンパー!!!これで滑ります」
『仕事の?あれ??ウェアのすその、チケットホルダーの中に、一日券入れたままでしょ』
「うっ」
『一回券で、繋ぎますか。』
「スマン」

a0284340_14484362.jpg
「仕事用ジャンパーだって、気づいた人居ますかね?」
『いや、気づいてる人は居ないようですが』
『ってか、そんな事気にしてる人がゴンドラ内に居るとは思えませんが』
「いやいや、上着の裾がゴムで締まってるんですよ、ゴムで・・・・」
まぁ、ツラッとしていたら案外、気づかれないモンなんでしょうかね。

山はと言うと、昨日か一昨日良かったようで、トレースが沢山。
その残骸とはいえ、軽いのでそれはそれで楽しいし、視界も良くって、
先行のトレースがないと、スノーボードではアクセスが面倒な斜面にも入れたし。

結局、午前中2本の午後から2本。


今日は、もう少し滑りたかったのですが、贅沢言えませんね。

何かで呼ばれても、また戻って滑るなんて初めてでしたが、
そんな環境ってほうが、やっぱり結構恵まれてて、贅沢なんでしょうね。







[PR]
# by Ezo-plas | 2017-03-12 23:35 | Comments(0)

旭岳劇場

今週も、土日の休みの確保にできたけど、
3月に入ると休みがほぼ無い月になる事は確定。

で、天気予報で思っていたより、街は雪もしっかり降ったので、
『どうせ旭岳は視界不良か、強風。』
『それならホロタチですかね』
なんて話で、金曜日は就寝したものの、土曜日の朝、
薄っすら晴れ間も見えたので、行き先を変更して、旭岳へ。

『ここ最近、風速15m前後で視界が確保出来てないようですが、
 今日は、どうでしょうかね?』
「ダメなら、迂回で富良野か、滑らずに温泉のみで、どうっすかね」

土曜日に関しては、カメラトラブルで映像はないですが、
視界不良で、風も強くて、ラト車がコース整備に支障をきたすほど、
雪が深くて、コースの外に踏み出せず、
時間券だったので、13時で終了。
最後まで雪が深すぎて、遠慮がちだったコース外へ、
最後の一本で、いつもの場所を確認して帰りましょうか程度で入った所が、
まさかの、ベストコンディション。
でも、時間切れ。

でも翌日の行き先に迷いがなくなった。

a0284340_20100852.jpg


昨日、滑り倒せなかった、コース外へ。

a0284340_20104290.jpg



a0284340_20110991.jpg


そこそこは滑ってきましたが、視界の確保と強風には最後まで恵まれず。
それより、昨日から降り続いた雪のお蔭で、さらに雪が深く、
結構な急斜面の深雪に、コースから助走をつけて入っても、
そこそこ軽い雪なのに、ターンも切れずに止められるなんて、初めて。
ちょっと止まって手を付いてしまうと、板を外すしかなく、腰か胸ラッセル。


一度、トレースを作ってからでないとスタックするので、


a0284340_20114765.jpg


作ったトレースを外れては、深雪に突っ込んで、


a0284340_20125758.jpg


すぐ戻る。(≧▽≦)



a0284340_20135408.jpg


深雪に突っ込んでは、




a0284340_20142496.jpg


すぐ戻る。(≧▽≦)

相方は、一日目の深雪で、トリニティの浮きに見切りをつけて、
二日目は、マーメイドを復活して、ホバークラフトも持ち出したが、
深すぎて、歯が立たない一日。

でも、前日の時間切れの反省から、二日目、一日券で終日、旭岳に張り付いて、
あーだのこーだの、雪が深すぎる、旭岳談議。

まあ、それはそれとして。

2日間、力一杯、遊んだかな。






[PR]
# by Ezo-plas | 2017-02-26 21:05 | Comments(0)

せっかく、

今回も、土曜と日曜が休み。

「さて、何処行きましょ?」
『旭岳の視界不良と強風は、もうたくさん』
そりゃそうだ、好き好んでそんなとこに行かないよね。
「風は、標高を下げて、雪の降った処で、面白いところ」
『リンクスは、ガリガリだよ、多分』
「確かに、リンクスじゃダメですね」
「多分、ホロタチじゃないでしょうか?」
で、向かったホロタチは、途中の道路の雪の付き具合で、すでにテンションが上がって、




a0284340_20502719.jpg

『皆の者~~~、」

a0284340_20512883.jpg

『馬を引け~~~!!!裏山の雪は、完全に押さえた』
『いざ、出陣~~!!!』
何てことを、相方は言いませんでしたが、迷っていた、滑りの調子を、ホバークラフトで取り戻して、


a0284340_20484823.jpg
ほろたちクオリティー、ドンピシャで当てて。

a0284340_20452696.jpg

a0284340_20461437.jpg


a0284340_20493347.jpg
「やはり、頼りになりますね、ここは」
『相変わらず、軽い雪だわ』

ローカルなので、短いけど44°斜面と、降り出したら即リセット。
フワフワの20センチほどの雪の下は、ガリガリ言っていたので、
おそらく、昨日なら全滅だったかと。
a0284340_20532574.jpg

『あっ、児玉毅の企画?』
a0284340_20522946.jpg
「明日???、真面目にか」

『明日も、ここでも構いませんが』
児玉毅は見たいけど、そもそも児玉毅はスキーだし、実は明日は明日で、行きたい所あるし。

「明日は、今日の夜から、走り始めませんかね?」
『何処?』
「ルスツ!!!」
『遠いって』
「確かに遠いですが、雪が降ったはずだし、時期としては、今がピーク」
「滑りの迷いも消えたし、トリニティでに戻して、あの広い斜面で、すっ飛ばすのが良いかと」




で、2/19(日)は、ルスツ。
まぁ、コンディションも良くて、ゲレンデを滑り倒しただけなので、写真はありませんが、
「ホバークラフトで取り戻したフォームは、トリニティに戻しても、やはり良いですね」
「でも、昨日と今日の、連チャン滑走で、足がイカレテきているようですが」
『ちょっと、足には来てますが、ハイバックの角度調整して、様子見ます』
a0284340_20543077.jpg

「あれ?足、復活しました???」
『はい、戻りました』
『実は、トリニティのハイバックの角度を間違えていたようです』
「まさか、ホバークラフト買う前の、トリニティのあの不調は、ハイバックだったの?」
『まぁ、ハイバックの調整間違いも、一因だったみたい』
「そうでしょ、そんな簡単にフォーム崩れないし、滑れなくなるのも違和感あったし」

「ホバークラフトの出番が、なくなりましたね」
『いや、ホバークラフトはホバークラフトで乗るよ』

『トリニティは、深雪の不整地でも、浮きすぎて、ターンの切り替え前に、
 スピードが上がり過ぎて、凸凹の処理が間に合わないの』

なるほど、ワタシなら体重で踏みつけてしまいますが、
板が沈まないのは、圧倒的に長所ですが、
板が沈められないってのは、以外に短所なのかもしれないね。

『そんな時、ホバークラフトなら楽なのよ。』
トリニティが、セカンドボードになるのかと思って、ホバー買ったけど、
やっぱり、トリニティメインですか。

「どうあれ、滑りが戻って何よりだわ」

ヨシ、今日も楽しかった!
そこそこ、いい雪を追いかけて、今回は、2日で640km。
2月も後半なので、痺れるようなクウォリティーの雪はそろそろ望みづらくなってきたけど、
もう少し、探ってみようかと。







[PR]
# by Ezo-plas | 2017-02-21 20:59 | Comments(0)

ぼちぼち、

2月12日の事からでも。

明日も滑れるなんて楽しみなんて書き込んでましたが、
2月11日(土)の三段山、実は、相方が体調を合わせきれずに失速。
2月12日(日)は、いかがなものかと、天気予報の雪マークを追いかけて、キロロまで。
地元は検討したが、どこも人が溢れていて、滑りに行くモチベーションが上がらない。

a0284340_20440002.jpg
結局、狙った雪は当たりだったが、キロロも人、人、人。
どうやら、ニセコでストックしているツアー客が、
キロロとニセコを、当日比べて、雪の良い方を選択しているらしいので、
ニセコ方向から、ハイエース系の車両が、キロロに押し寄せる風景は珍しくないらしい。

本題の、ワタシ達と言えば、やはり三段山のハイクアップで、相方が撃沈。
「リフト2本目ですが、今日は無理せず終了しましょうか」
『・・・・・・・なんだと!・・・・』
と、帰ってきた返事の威勢もなく、まだまだと言い張ってみたが、
どう見ても、乗り切れていないので、そこそこで終了。

相方の滑りにノリが無い原因は、トリニティにもあるようで、
先日、クラッシュ明けの、ウルトラクラフト156㎝が、素晴らしい滑りをしていた時点で、
146㎝の、ホバークラフトの購入を、真剣に考えていたが、
地元で現物を見て、手に入れる事が出来なく、なーなーになっていた話を復活。
「乗れてない板に、何回乗っても一緒です」
「ウルトラクラフトの156㎝では、インビスの関係で、ポジションが良くありません」
「どんなに156㎝を乗りこなしても、位置が悪いので、レディースの146㎝探しましょう」
『要らない、要らない。トリニティと、ウルトラクラフトで大丈夫だって』
「ダメです。普段23.5㎝がベストの靴を、24.0㎝でも大丈夫みたいな話は、いけてません」
今回も、相方の話を曲げて、札幌のムラサキへ。

どうしても、相方に負担のかからない板がもう一枚欲しい。

で、実際に、現物を見てみると、メンズのホバークラフトの152㎝が、
156㎝の板と比べても、インビスの位置とフレックスが全く違う。
探していたレディースの146㎝はなかったが、即購入。

a0284340_20413978.jpg
ホバークラフト160㎝(ワタシ)、ウルトラクラフト156㎝(ワタシ)。
さらに、ホバークラフト152㎝(相方)の三機目のジョーンズで、
必要に迫られた結果ですが、ジョーンズ祭り。

早速、ワックスを入れて、
2月14日(火)には、相方がソロで旭岳で、テスト。
時間券で、6本滑ってきたらしいので、やはりホバークラフトも乗りやすいらしい。

『雪は最高だったけど、ガスで視界ゼロでさ』
『平日で、ガスガスなのに、人、人、人・・・・』
『なんだか、判らんで、下りだと思って突っ込んだら登ってさ』
『結局、コロコロ転がってきたわ』

そうですか、それでも6本ソロで滑ったんだから、楽しかったんでしょうね。

『ただね、トリニティやウルトラみたいに板が、滑らないのよ』

そりゃ、そうだ。ホバークラフトはシンダート7000なのに、
ウルトラクラフトは、シンダート9900だし、トリニティはグラファイトだし、
ソールのグレードも全然上なんだからさ。
a0284340_20422884.jpg
そうは言っても、何もしない訳にもいかず、クリーニングワックスで、
一旦ワックスを抜いて、最初から、ベースとトップのワックスを入れ直し。

ワタシは、ホバーもウルトラも、滑りに変わりはないのですが、
相方は、軽いので、ソールのグレードは、伝わるらしい。

「滑るようにナーレ、滑るようにナーレ」

あとは、祈るだけだが、少しでも滑ってくれないものかと。












[PR]
# by Ezo-plas | 2017-02-21 19:50 | Comments(0)

珍しく

暦通りの休みなので、近場でサクサク滑ろうかと、

a0284340_19055325.jpg
三段山へ。
前日、目立った降雪ナシで、朝7時の気温は-13°、三段目まで風は弱く、
曇天ながら、視界良好。今回は、4段目手前で、滑走開始。

a0284340_19215258.jpg


a0284340_19210957.jpg

a0284340_19093854.jpg
ウィンドパックされているものの、2割のガリガリ以外は、
特に今年の、三段山にしては、いい山でしたが、やはり、外人多いよね。
海外から、三段山って、マニアだわ。

明日も、滑れるのが、楽しみだ。


[PR]
# by Ezo-plas | 2017-02-11 19:26 | Comments(0)

未定


by Ezo-plas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31