連休

何度も書くけど、今回の連休は毎年のように、ドタバタツアー中止で、
キャンプでの幕営もなし。

a0284340_19035279.jpg
フラっと、歩いて、

a0284340_19092961.jpg
ネギを探したり、部屋片づけたりは、してましたが、そんな程度で軽く流そうかと。
なので、メインは、何となくで決めていた、一泊二日の函館くらいかな。

そもそも、いつもの、連休だと、行った先でのアドリブドタバタが多すぎるので、
相方とのコンビ以外だと、非常に行動しずらいってか、呼吸が合わない。

でも今回は、何処にも行かないってのもどうかと思うけど、
いつも通りで、連休をフルで出かけるのもどうかって事で、結論が1泊2日。
それだったら、義母さん誘ってトリオで、ホテル泊にしようかと相方に話すと、

『母さん???来ない、来ない。ホテル泊云々の前に、そもそも無理、無理。』
「そうですか、一応確認だけしてみてください」

なるほどとも思えましたが、実際、義母さんに聞いてみた相方が、

『私も信じられませんが、母さん行くってさ。ビックリだわ』
来て頂けるなら何より。

「第一案ですが、義母さんが来るのに、流石に車中泊はない方向で。」
『これからホテルって、無理でしょ、連休間近で』
「ホント?ないですかね、一件くらい?」
『あっ、八雲なら、3名取れそうだわ』
それなら、それなりのコース考えますので、そのホテル、押さえて下さい。

「さてさて第二案ですが、Tシャツでも、3人お揃いにしてみませんか?」
『3人でペアルック???バッカじゃない!ナイ、ナイ!』
ありゃ、そんなもんですかね。

『こないだの、3人ペアルックの話だけどさ、案外、面白いかも』
あら?考え直すって珍しい事もありますね。

で、当日。
渋滞回避の為、3時スタートで、松前に9時に到着予定で高速をひたすら南下。
a0284340_19154406.jpg
「おっ、日の出ですかね?」
「ねぇ?」
『Zooo~~~、Zooo~~~、Zooo~~~、」
フルフラットシートにマット敷き込みの寝台車仕様には、しましたが、
ほぼ就寝のままってのも、どうしたもんか。
それでも、高速を降りた一般道でも大した渋滞にも絡まれず、約6時間。

まずは、予定通り、松前城で、桜を見ながら、
a0284340_19164502.jpg
ちょっと判りずらいけど、


a0284340_19175452.jpg
ペアルック撮影。



a0284340_19244622.jpg


a0284340_19223311.jpg


a0284340_19264229.jpg
次は、北斗市方向に向かって、まずは、
「昼食どこにしよっか。」


a0284340_19283374.jpg
で、義母さんが知らないって事で、昼食はラッキーピエロへ。


a0284340_19311731.jpg
予定では、おっきな枝垂れ桜を見た所で、今日一日のタイムオーバー。


a0284340_19202281.jpg
でも、渋滞に一度も絡まれなかったので、


a0284340_19213514.jpg
近くの、河川敷の桜を眺めても、まだ時間がある。



a0284340_19335609.jpg


a0284340_19323785.jpg
ので、義母さんが見たことないって事で、新幹線を観戦しに、駅まで移動して、
一日目、終了。

2日目は、義母さんのリクエストで、三井アウトレットだったので、
通り道の、千歳のレラにも寄って、ショッピングで終了。


相方とコンビでの移動なら、間合いで躊躇することもないけど、
トリオでの移動で、相方が義母さんに躊躇してたり、
別の意味で、普段、見られないもの見れるって 、それはそれで楽しいもんだわ。









[PR]
# by Ezo-plas | 2017-05-07 21:32 | Comments(0)

蝦夷に、

今年のGWは、9連休を確保したが、
毎年のようにドタバタと、出かける予定も組まず。

相方が、仕事に慣れるまで、今までの通りとは行かないのもあるけど、
私も地方の仕事が多く、自宅の片づけが山積みになっていたので、
なにより、風呂の排水の流れを改善したくて、作り付けのFRPの浴槽の、
底をあとから直せるように、切断してみることから始める。
結局は、FRPの裏側の予想した所に排水が無いのを確認して、
次の作戦を、実行する羽目に・・・・
まあ、浴槽は仕切り直しで何とかするとして、
作業を終えて一休みしている間に、右ひじがとんでもなく「痛い」と思ったら、
次の日、右腕が一回り太くなって、更に、腕が曲げられない。

どうしようもなく、5/2は、病院へ。

a0284340_12084531.jpg
はい、これ、レントゲン。
軟骨が薄くなって、骨の形も良くないですが、
神経が炎症おこしてますね。




a0284340_12082639.jpg
それは、伊達公子の膝と同じって事ですか?





a0284340_12084531.jpg
加齢ですかね?





a0284340_12082639.jpg
顔まで箸も届かなかないほど曲がらないんですが、
湿布と飲み薬のほかに、何かないでしょうか。
例えば、注射とか?



a0284340_12084531.jpg
ありますよ、ちょっと痛いけど。
じゃ、これですけど、打ちますか。



って、この注射が、痛いのなんのって、久しぶりに注射で、
のたうち回るほど、痛い注射で、

a0284340_12082639.jpg
先生、注射の痛み、結構ですね。
注射の痛みで、肘の痛み処じゃなくなりましたが。



なんて、言ったものの、先生はカルテに記入する作業だけで、
何も答えない。
そりゃそうだ、注射を希望したのはワタシですからね。

唯一、5月の4日と5日のみ、相方と義母さんと3人で、函館まで行こうと、
予定してた矢先の出来事に、相方は、

a0284340_12103689.jpg
函館、中止します?






さてさて、そんな肘の痛みごときで、予定を曲げてたんじゃ、

蝦夷に、男子なし。



しかし、明日一日で痛み抜けなきゃ、結構厄介かも。

加齢かぁ・・・・・・・

伊達公子さんの、膝と同じレベルの話だとおもうんだけどなぁ。
















[PR]
# by Ezo-plas | 2017-05-02 23:56 | Comments(0)

黒岳屋

ついこの間、相方が、そこそこ望んでいた仕事に着くことが出来た。

それは、仕事に慣れるまでは、しばらくの間、無理禁止で、
出勤前の日曜日は、力一杯遊ぶことに、制限がかかるという事。






a0284340_12082639.jpg
「今度の土日は、家でのんびりしますか?」





a0284340_12103689.jpg
『あ!日曜日は無理としても、土曜日は滑りますよ』






a0284340_12082639.jpg
「先週のストップ雪なら、楽しめないかも」





a0284340_12085466.jpg
『ストップ雪?ヒヨったか』






a0284340_21265015.jpg


a0284340_12082639.jpg
それなら、ワックス入れ直しからですかね。




a0284340_21274929.jpg
そこそこ楽しめそうなのは、黒岳くらいなので、


a0284340_21283851.jpg
風速5m/sなら、登りましょうか。


a0284340_21161566.jpg
いや~、今回の登りは、手こずった。
先々週の、カチカチアイスが1割位しか緩んでない上に、
昨日の夜から朝方にかけて降った雪がパウダーで、10㎝ チョイ。

a0284340_21183141.jpg
なので、スノーシューでのトラバースでは、
平らなトレースを作れず、そもそも雪がすぐ落ちるし、
直登でも、闘牛が前足の蹄で土を蹴るように何度か蹴って雪を落とさないと、
スノーシューが届かず、雪だけ落ちてスリップ。

9段目付近で、キックも流石に飽きてきけど、招き岩が見えてくると、
やはり先に進みたい。


a0284340_12103689.jpg
『おぉ~い!ガス出てきましたけど~!
聞こえてる~?ガスだよガス~~~~』





a0284340_12082639.jpg
「山頂手前の急斜面に張り付いて、ガスの事言われても、
どうしようも出来ませんよ~」




ここで板を履いて、じゃ滑りましょうなんて場所じゃないですから。

a0284340_21175466.jpg
結局、体はしっかりしていたので、登ったけど、普段の登りの、+30分。
どこがって、やはり山頂手前の急斜面が、微妙に緩んでいて、
硬い部分にスノーシュー預けたら、まぁ崩れる事、崩れる事。

a0284340_21191167.jpg
溜まってるところは、20㎝くらいはありそうですが、吹きっさらした所は、
硬い所までエッジが届くので、突然のグリップに、オイオイ、オイオイ、って感じで、
フォールライン向きっぱなしならいい斜面だったけど、
入れ直したワックスが「当たり」で、滑る滑る。
結局トップスピードまで上げると、雪が落ちて止まるに止まれない。
ハードスラブとパウダーのミックスは、いつでも厄介だよね。

a0284340_21203012.jpg
いつもの場所まで脇にそれて、カメラ待機したかったけど、出来ずに、
相方のライン上で、真上から来る相方にカメラを構えていると、

a0284340_21212673.jpg
ワタシの上で、

a0284340_21222884.jpg
停止した相方は、木の葉を開始して慎重にワタシに近づいて、


ヨシヨシ、その調子。



a0284340_21230715.jpg

a0284340_12085466.jpg
『雪崩る、雪崩る~~~~(笑)』






「イヤイヤ、木の葉で、雪を落としてるだけだってば」

オイオイ、横にそれて雪落とせっての!!!

結局、膝をついた状態で撮影していたので、落ちてきた雪を胸の高さまで受けて、
あと少しで、ワタシが落とされるところでしたわ。

a0284340_21235771.jpg
核心部を抜けてしまえば、沢の中が吹き溜まり天国の、超パウダー。

a0284340_21252788.jpg
沢伝いに、リフト乗り場まで戻ると、



a0284340_12084531.jpg
「さっき戻った方が、雪崩たようだって言ってましたが
大丈夫でした?」





a0284340_12085466.jpg

『案外、声って聞こえるんだね。大騒ぎになる所だった?』





だから、雪崩じゃなくて、スラフが流れただけだし、
雪崩たみたいだって言ってた人は、多分、ワタシ達の前走者だと思うけど、
滑ってんだから、声が聞こえたって、雪崩るかなんて、判るだろ、普通。


まあ、一時の大混雑も流石になくなり、今日は私たちの他に、
山頂には、ソロのスキーヤー、一人だけ。
ファーストトラックは、その方に譲って少しでも、斜面の状態を見て。
なるほど、なるほどで、招き岩の横が、ノートラックなんて、やっぱり楽しいわ。


「思ってたよりは、楽しかったですね」

a0284340_12103689.jpg

『いや、やっぱり、ちょっとエッジ入れたら雪崩れるのは、
やっぱり、怖いわ」





だから、雪崩じゃなくて、雪がすぐ落ちるだけだってば。
そもそも、あのイカレタ斜面が、怖いってんなら判るけど、
さて、ドコまで戻って、教え直そうか、・・・・・・・











[PR]
# by Ezo-plas | 2017-04-22 22:22 | Comments(0)

ストップ

「うわっっ、スミマセン」
「保管の管理が出来ていなくて、ディスプレーがおかしくなりました」
a0284340_19390267.jpg
『どこが?何々?』

「この通り、ディスプレーの淵が虹色に、・・・・」

『サングラスじゃないの?』
a0284340_19395154.jpg
「あれ?直った」
『だから、アンタがかけたままで見てた、サングラスの偏光レンズだって』

なんて、小話はこの位にして。


ザラメを狙って、黒岳に向かって20分ほど走ったところで、
黒岳をググってみると、強風(15m/s)で、ゴンドラがクローズのアナウンス。
それじゃ、向かっても仕方ないので、行き先変更。

「むこうも多分風で駄目でしょうけど、ドライブがてら白銀荘で温泉でも」

変更先は、三段山。



a0284340_20423317.jpg
到着してみると予想に反して、風がないので、それなら登ってみる。


「アンタ誰?」
a0284340_19370852.jpg

「ヒヨドリ?、いやホシガラス?」
a0284340_19375417.jpg


なんて言いながらノンビリ登ってみたけど、
5度でスタートした気温が、多分9度近くまで上がって、
流石にストップ雪が厄介かもなんて思ってたら、時折、強風に叩かれて、
雨が降ってきた時点で、1350mの2段目付近。

「そろそろ、温泉でしょうかね」
『そろそろ、温泉でしょうね』

a0284340_19412828.jpg

思ったより早めの下山になったけど、進まずにUターンして、正解。
滑りだしてみると、まだらのストップ雪でなく、全面的なストップ雪。


「このストップ雪の中でよく、ワタシのトレース外してアチコチいきますね」
『先に滑ってるアンタ見て、そっちは駄目だと方向変えたら、さらにダメでした』



a0284340_19445390.jpg

最後は、「まん作」の、そばで〆。
好みはあると思いますが、美味しかったかと。








[PR]
# by Ezo-plas | 2017-04-16 20:31 | Comments(0)

駄目だ

駄目なのは、今日の滑りがどうのじゃない。
先週の、黒岳の登りの話。
体調が合わなかったのか、疲労なのかも判らないけど、
そもそも、遊びで好きな事をやっているにも関わらす、駄目だってのが駄目。

で、
a0284340_15151916.jpg
先週の駄目さ確認も含めて、ローテーション。

斜面のコンディションは、特別心配していなかったけど、スタッフの方から、
『昨日も一昨日もカチカチですよ』
『登るならアイゼン無しでは、厳しいでから、気を付けて下さいね』
なんて言われても大して気にしていなかったけど、
ようは、自分で見なきゃ判らないからね。

a0284340_15155851.jpg
結局、スタッフさんの言った通りで、行けたのは9合目手前まで。
言われて想像した斜面を超えて、ツルツル手前。
「カチカチにもほどがあります。カッチカチじゃないですか。」
『ターン切り間違ったら、即滑落ですね』
試しにターン切ってみましたが、笑うくらい、硬い。

a0284340_15165339.jpg
先週の登りの苦労はなかっただけに、
斜面が七合目近くまで落とさないと、ザラメになってなかったので、残念。

a0284340_15182816.jpg
帰りは、7合目駅からのコースには寄らず、裏を滑って、

a0284340_15201515.jpg
「ここまでですよ~」のロープで、5合目駅まで一旦戻ってみたけど、
ザラメが良さそうだったので、一回だけコースを滑って、終了。

先週の不安は、先週限定で心配ない事は確認できたが、
明日滑ろうかなどと、流れが作れないほど斜面が硬かった。

さて、困った。

おそらく周辺一帯がカチカチだとして、明日は何をしましょうかね。







[PR]
# by Ezo-plas | 2017-04-08 15:51 | Comments(0)

未定


by Ezo-plas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31